JR九州は、熊本地震で被害を受けた九州新幹線の運行本数を
7月4日から地震前に戻しました。

遅延時間も大幅に短縮され、ほぼ通常ダイヤになりますが、
一部箇所の速度制限は来春まで続く見通しです。