地震被害情報

  • HOME »
  • 地震被害情報

平成28年4月に発生しました熊本地震により、被災された方々へ心からお見舞い申し上げます。

 

まえがき

皆さんが思っているより、熊本は元気です。

被害は大きかったですが、被害の大きな個所は集中していますし、地震被害は熊本全域ではありません。
本サイトは、震災を受けた熊本及び九州全体の観光復興支援を目的として立ち上げました。
まちづくりに携わってきた者として、震源の中心に活動する方々への支援と正しい情報発信の為、
震源地よりお伝えします。
6月いっぱいは余震に注意とのことでしたが、現在はさほど大きな揺れはありません。

これから復興に向けさらに変化していく風景・環境を、

地元在住の筆者としては追ってお伝えしていく責務があると思うのです。
熊本地震は、2016年4月14日21時26分以降に熊本県と大分県で相次いで発生している地震です。

16日未明に発生した震度7の地震は、我々にとっては恐怖以外のなにものでもないものでした。

気象庁震度階級では最も大きい震度7を観測する地震が4月14日夜、
および4月16日未明に発生したほか、
5月14日9時までに最大震度が6強の地震が2回、
6弱の地震が3回発生おり、

日本国内の震度7の観測事例としては、
4例目(九州地方では初)および5例目に当たり、
一連の地震活動において震度7が2回観測されたのは日本の観測史上初めてのことでした。

筆者の仕事上、熊本は地震のない都市として、ITデータのバックアップの地として、
関東圏にアピールしていたこともあり、
地震発生後は熊本はどうなるのかと考えていました。

この地震前後から、前例のないという言葉が近年日本中を駆け巡ることとなります。
熊本の代名詞といって良い風景:阿蘇。

阿蘇へのアクセス及び現状を追記していきます。

写真はまた後日追記いたします。

 

asorute1
出典:http://www.welcomekyushu.jp/kyushufukkou/informations/detail/42

PAGETOP
Copyright © Spring Garden Plus All Rights Reserved.